English
 文教大学
 文学部
 日本語日本文学科

 教授
 寺澤 浩樹
 テラサワ ヒロキ
 TERASAWA Hiroki

学歴
 東北大学  文学部  文学科国文学専攻  1983  卒業
 東北大学  文学研究科  国文学国語学日本思想史学専攻  博士  1987  中退

経歴
 国立福島工業高等専門学校 文部教官講師(専任)  1987/04/01-1989/03/31
 甲南大学文学部国文学科 講師(専任)  1989/04/01-1992/03/31
 文教大学文学部日本語日本文学科 講師(専任)  1992/04/01-1996/03/31
 文教大学文学部日本語日本文学科 助教授  1996/04/01-2007/03/31
 文教大学文学部日本語日本文学科 准教授  2007/04/01-2011/03/31
 文教大学文学部日本語日本文学科 教授  2011/04/01-現在

学位
 博士(文学)  東北大学  2010/12
 文学修士  東北大学

研究分野
 日本文学

研究キーワード
 日本近代文学

研究テーマ
 武者小路実篤文芸の研究

著書
 近代文学草稿・原稿研究事典  日本近代文学館編・寺澤浩樹他著  八木書店  2015/02/20  978-4-8406-9690-6  URL
 武者小路実篤の研究―美と宗教の様式  翰林書房  2010/06/30  978-4-87737-301-6
 文学部における大学基礎教育の研究―「研究基礎演習」授業事例報告―  寺澤浩樹・小泉満子・宮武利江・亀田裕見  『文教大学文学部日本語日本文学科2001~2003年度「研究基礎演習」授業報告』、文教大学文学部  2003/03/31  8
 里見とん「新樹」  『20世紀の戯曲 日本近代戯曲の世界』社会評論社  1998
 武者小路実篤「わしも知らない」  『20世紀の戯曲 日本近代戯曲の世界』社会評論社  1998
詳細表示...

論文
 武者小路実篤テクストの生成―童話劇「かちく山」を中心として―  寺澤浩樹  文学部紀要  31/ 1, 193-236  2017/09/01  09145729
 武者小路実篤「彼が三十の時」の世界―〈死の超越〉につながるもの―  寺澤浩樹  文教大学国文  42, 11-28  2013/03/15  0385-8782
 武者小路実篤中期作品の問題点―小説「不幸な男」を視座として―  寺澤浩樹  文学部紀要、文教大学文学部  26/ 1, 146-131  2012/09/29  0914-5729
 武者小路実篤「かちかち山」の世界―〈昔話〉から〈童話劇〉へ―  文学部紀要、文教大学文学部  25/ 2, 118-136  2012/04/12
 武者小路実篤、倉田百三  中村明、他  日本語 文章・文体・表現事典、朝倉書店  2011/07/15
詳細表示...

研究発表
 王嘉臨「志賀直哉「大津順吉」論―〈アイデンティティ〉の視点から―」に対する招待コメンテーター  シンポジウム  日本文芸研究会第60回研究発表大会  2008/06/15
 第二セッション「交錯する主体とアイデンティティの位相」コメンテーター  研究発表  文教大学文学部創設20周年記念国際シンポジウム  2007/11/18
 武者小路実篤の戯曲「愛慾」の研究コメンテーター  研究発表  白樺研究会(於二松学舎大学九段キャンパス)  2007/08/18
 実篤の子ども観~「かちかち山」と「花咲爺」に見る  その他  武者小路実篤記念館 友の会交流会講座講師(於 調布市東部公民館)  2007/02/18
 「白樺派作家の比較研究」コメンテーター  シンポジウム  韓国日本近代文学会主催韓日共同・白樺派文学研究シンポジウム  2006/08/22
詳細表示...

教育活動
 「研究基礎演習」(日本語日本文学科1年次必修科目)の授業方法の改善                                    教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)  2005/09-現在  下記の授業報告にあるような問題意識に基づき、この年度では、左記科目の授業においてPCを導入・利用して、無料cgi等を独自に改善して掲示板等を作成・利用するなど改善を試みた。なお、これに先立って平成15年10月よりゼミナールHPを開設、ネットワーク上での教員および学生相互のコミュニケーションの促進を進めている。
 学生の自発的討論活性化のためのグループ討論の試み  教育活動上特記すべき事項  1992/04-現在  文学の授業においては作品の理解を受講者相互が緊密にコミュニケーションする必要があるので、これを促すために受講者数名ずつを複数のグループに分けてその内部で討論する方法を指導している。
 学生の自主的学習を促すための合宿研修  教育活動上特記すべき事項  1992/04-2016/09  本学文学部日本語日本文学科では卒業時に原稿用紙100枚を基準とする卒業論文の制作を課しているが、その作成に向けて卒業研究Ⅰおよび同Ⅱ受講者に夏季休暇中に合宿研修をおこない、各自の研究テーマを相互に確認することで自主的な学習を促している。
詳細表示...

教科書・教材
 文教大学文学部日本語日本文学科 2001~2003年度「研究基礎演習」授業報告  2004/03/31  大学入学初学者の日本語活用能力を高め、同時に大学で学ぶ基礎的な知識と視野を育成するために設置した、本学日本語日本文学科1年次の必修科目「研究基礎演習」の実践事例をまとめたもの。
詳細表示...

社会活動
 埼玉県越谷市教育委員会 文化総合誌『川のあるまち―越谷文化』第25~36号編集委員会委員長  2006/04/01-現在
 埼玉県越谷市教育委員会 文化総合誌『川のあるまち―越谷文化』第23~36号審査委員  2004/04/01-現在
詳細表示...

所属学協会
 日本文芸研究会
 日本近代文学会
 昭和文学会
 有島武郎研究会
 文教大学国文学会