English
 文教大学
 教育学部
 学校教育課程

 教授
 千葉 聡子
 チバ アキコ
 CHIBA Akiko

学歴
 慶應義塾大学  文学部  社会心理教育学科 社会学専攻  1984/03/31  卒業
 日本女子大学  文学研究科  教育学専攻  博士前期  1989/03/31  修了
 日本女子大学  文学研究科  教育学  博士後期  1996/03/31  単位取得満期退学

経歴
 トヨタ自動車株式会社  海外産業車両部  上級一般職  1984/04/01-1987/04/30
 (財)日本女子社会教育会非常勤専門職  1989/04-1996/03
 日本女子大学人間社会学部教育学科非常勤助手  1990/04-1993/03
 千葉福祉専門学校非常勤講師  1994/10-1996/03
 東京女子医科大学看護専門学校非常勤講師  1995/04-1996/03
 文教大学教育学部講師  1996/04-2001
 武蔵野女子大学短期大学部非常勤講師  1997/04-1997/09
 日本女子大学人間社会学部教育学科非常勤講師  1999/09-2007/09
 文教大学教育学部助教授  2001/04-2008/03
 国立武蔵野学院附属児童自立支援専門員養成所非常勤講師  2001/07-2001/07
 東京大学教育学部非常勤講師  2007/10-2008/03
 文教大学教育学部教授  2008/04-現在
 慶応義塾大学文学部非常勤講師  2010/04/01-2012/03/31

学位
 文学修士  日本女子大学

研究分野
 社会学
 教育学

研究キーワード
 教育社会学

研究テーマ
 家族機能の変化と子どものしつけに関する研究

著書
 教育社会学―現代教育のシステム分析―  J.H.バランタイン、F.M.ハマック著 牧野暢男、天童睦子監訳(訳者:牧野暢男、天童睦子、牧野智和、高橋均、加藤美帆、河野志穂、石黒万里子、高野良子、前田崇、千葉聡子、白川優治、中邨和子)  東洋館出版社  2011/10/01  395-429  978-4-491-02728-9
 家族・都市・村落生活の近現代  平野敏政、嘉本伊都子、金森剛、岡田あおい、吉野英岐、原山浩介  慶應義塾大学出版会  2009/04/25  109-131
 青少年の発達環境研究会『青少年の規範学習と逸脱抑制に関する研究 (財)社会安全研究財団助成研究報告書』  牧野暢男他  2001/03  37-48
 『平成6年度財団法人東京女性財団研究活動助成研究 女性の地位測定のための尺度作成、及び地位形成と学習の関係についての研究 報告書』  牧野暢男、飯島香織、高野良子、中村三緒子、中山昌弘、飛世聡子、本多美絵子  1995/05
詳細表示...

論文
 古田足日「子どもと文化」論の分析に見る「生きる力」の育成と「文化の身体化」-防災教育における方言の活用を事例として-  加藤理、千葉聡子、手嶋将博、豊泉清浩  文教大学教育学部紀要第50集  50, 211-219  2016/12/20
 「チーム学校」導入に向けた「学校のスリム化論」再考-学校と地域の関係性に着目して-  手嶋将博、千葉聡子、加藤理、豊泉清浩  文教大学教育学部紀要第50集  50, 233-241  2016/12/20
 教育改革が求める地域社会の当事者性獲得とその必然性についての考察-地域社会、子どもの「主体性」発揮の入り口としての「学校安全」、「安全教育」-  千葉聡子 手嶋将博  文教大学教育学部紀要第50集  50, 221-232  2016/12/20
 制度としての学校教育の特性とその特性がもたらす問題-教育格差問題と教員の多忙化問題をなぜ学校教育制度は解決できないのか-  千葉聡子  文教大学教育学部紀要 第49集  49, 13-25  2015/12/20
 家庭教育が成立するための条件とは何か―近代社会の中で終端としての家族を取り戻す必要性―  千葉聡子  文教大学教育学部紀要 第48集  48, 47-59  2014/12/20  0388-2144
詳細表示...

研究発表
 「意思決定尺度を用いた女性の地位形成に関する研究」日本教育社会学会第47回大会  研究発表  日本教育社会学会第47回大会  1995
 「女性の地位測定のための尺度の作成(その1)-『家族』『地域』『仕事場』での意思決定場面の尺度化-」日本教育社会学会第46回大会  研究発表  日本教育社会学会第46回大会  1994
 「生涯学習社会に内在する問題点-ルサンチマンの概念を手がかりとして-」関東社会学会研究例会  研究発表  関東社会学会研究例会  1992/12
 「母親の就労と育児援助について-母親の就労を中心とした社会参加と親役割に関する調査より-」  研究発表  日本教育社会学会第42回大会  1990/10
 「高学歴女性の学習活動選択-四年制大学卒業生の調査から-」  研究発表  日本教育社会学会第41回大会  1989/10
詳細表示...

教育活動
 「基礎演習Ⅱ」の授業の工夫  教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)  2007/12-現在  平成20年度に行われる「基礎演習Ⅱ」について、内容や特性から、現在「教育学演習Ⅰ・Ⅱ」の受講生である4年生にこれまでの経験やこれからの教員生活に対する不安などを聴取やさらに4年生と企業の方との意見交流の場を設け、「基礎演習Ⅱ」を効果的に勧めていくための授業方法の検討を進めている。
 「基礎演習I」の担当者共同での授業の工夫  教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)  2007/01-現在  平成19年度入学の1年生から開始される「基礎演習I」を大学での学習の基礎を学ばされる導入教育と位置付け、その内容や授業方法について担当者で検討を加えている。
 「教育学演習II」(4年次秋学期)の授業の工夫  教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)  2005/09-2006/03  少人数授業の利点を生かし教員に必要な教育への多様な視点獲得のために、大学から外に出て学ぶ機会を作った。具体的には企業の組織としての強さを知るために企業の方にお話を伺うことと、子どもをできるだけ客観的に見るための実践として2校の小学校の協力を得て児童対象の質問紙調査を実施した。
 卒業生との勉強会の実施  教育活動上特記すべき事項  2005/06-2005/06  千葉担当の「教育学演習I・II(現在)」を履修した卒業生と勉強会を実施した。平成17年は「教育とケア」をテーマに、新たに教育現場に求められるようになったきたケアの要素について、客観的視点と現場の状況を融合させることを目的に発表と討論を行った。
 「総合演習」(3年次)の授業の工夫  教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)  2005/04-2006/07  学生の主体的な学習意欲を高めることを目的にワークシートを多用し、学生が主体的に授業を組み立てていくことを促進するよう工夫している。またワークシートに書かれたことはクラス全体にフィードバックし、多様な考え方、意見が存在することを示している。
詳細表示...

教科書・教材
 平成23年度 教員免許状更新講習テキスト 必修領域 教育最新事情  2014/06  文教大学教員免許状更新講習テキスト必修領域『教育の最新事情』の「教育の最新事情(2)1.学校をめぐる状況変化tp教員の在り方 ペアレントクラシー社会の中で必要とされる能力」部分の改訂執筆を行った。22~23ページ。
 平成23年度 教員免許状更新講習テキスト 必修領域 教育最新事情  2011/06  文教大学教員免許状更新講習必修領域テキストの「第1章 学校をめぐる状況変化と教員の在り方」の「1.ペアレントクラシー社会の中で必要とされる能力」部分の改訂執筆を行った。4~5ページ。
 平成21年度 教員免許状更新講習テキスト 必修領域 教育最新事情  2009/06  文教大学教員免許状更新講習必修領域テキストの「第1章 学校をめぐる状況変化と教員の在り方」の「1.ペアレントクラシー社会の中で必要とされる能力」部分を執筆した。4~5ページ。
詳細表示...

社会活動
 埼玉県越谷市消費者保護委員会委員  2008/06-2010/06
 埼玉県吉川市市民参画審議会委員  2007/05-2013/05
詳細表示...

所属学協会
 日本家族社会学会  1998/04-現在
 日本社会学会  1997/09-現在
 日本社会教育学会  1988/05-現在
 関東社会学会  1988/02-現在
 日本教育社会学会  1987/08-現在