English
 文教大学
 経営学部
 経営学科

 教授
 堀田 敬介
 ホッタ ケイスケ
 HOTTA Keisuke

学歴
 筑波大学  第三学群  社会工学類  1995  卒業
 筑波大学  社会工学研究科  経営工学  博士  2000  単位取得満期退学

経歴
 文教大学  情報学部  講師  2000/04/01-2006/03/31
 文教大学  情報学部  助教授  2006/04/01-2007/03/31
 文教大学  情報学部  准教授  2007/04/01-2014/03/31
 文教大学  経営学部  准教授  2014/04/01-2017/03/31
 文教大学  経営学部  教授  2017/04/01-現在

学位
 博士(社会工学)  筑波大学  2000
 修士(経営工学)  筑波大学

研究分野
 社会システム工学・安全システム

研究キーワード
 オペレーションズ・リサーチ
 数理計画
 アルゴリズムの開発
 最適化
 最適化に関する事例研究

研究テーマ
 平滑法アルゴリズムの研究
 公平な選挙区画定に関する数理的なアプローチ

共同・受託研究実績
 小選挙区制度改革に向けての数理的基盤の整備  2005-2005
 小選挙区制における限界分析法の開発  2004-2004
 小選挙区制度の新しいデザイン  2003-2003
 小選挙区区割問題に対する数理的な区割画定方法の提案  2002-2002
 公平な安定マッチングの数理的諸性質とその応用  2000-2000
詳細表示...

競争的資金等の研究課題
 文教大学 時間割作成支援に関する研究  文教大学 学長調整金  2012-2012
 公平性を求められる社会システムに対する最適化手法を用いた定量分析  国内研修  2008-2009
 選挙制度デザインを支援する最適化手法を基盤とした新しい定量化分析手法の構築  科学研究費  2006-2008  萌芽研究
 共通の上界・下界構造を持つ半順序集合の族と、それを表現するグラフの特徴について  科学研究費  2004-2005  基盤研究(C)一般
 A Complexity Analysis of a Predictor-Corrector Smoothing Method Using CHKS-Functions for Monotone Linear Complementarity Problems  日本OR学会 40周年記念事業 若手研究者への海外渡航助成  1999-1999
詳細表示...

著書
 はじめてのデータベース はじめてのAccess  堀田敬介・久保田幸子  創成社  2013/10/20  978-4-7944-2422-8  URL
 えくせるであそぶ  堀田敬介  創成社  2005/06  978-4-7944-2213-X  URL
詳細表示...

論文
 Generating All Patterns of Graph Partitions within a Disparity Bound  J. Kawahara, T. Horiyama, K. Hotta and S. Minato  In Proceedings of the 11th International Conference and Workshops on Algorithms and Computation (WALCOM 2017)  to appear  2017
 衆議院議員小選挙区制最適区割 2016  堀田敬介  経営論集  3/ to appear  2017/03
 区割画定作業支援のための選挙区割の特徴化  堀田敬介  Transactions of the Operations Research Society of Japan  59, 60-85  2016
 文教大学湘南校舎における科目時間割配置の支援  小河智哉, 堀田敬介  湘南フォーラム  第20号, 21-46  2016/03
 最適化技術のクラス編成問題への適用  堀田敬介  経営論集  2/ 1, 1-18  2016/03
詳細表示...

研究発表
 Enumeration and Evaluation for the single-seat constituency system  研究発表  IFORS2017  2017/07
 都道府県議会の格差是正 ~複数議員選出選挙区に対する最適化~  研究発表  日本選挙学会 研究会  2017/05/21
 enerating All Patterns of Graph Partitions within a Disparity Bound  研究発表  WALCOM 2017  2017/03/29
 2016年最適区割と一票の較差  研究発表  日本OR学会 秋季研究発表会  2016/09/16
 一票の格差が小さな選挙区割の列挙  研究発表  統計関連学会連合大会  2016/09/05
詳細表示...

教育活動
 講義資料のWeb公開・講義内容のデジタル化
◆専門科目(「ゼミナールⅠ~Ⅲ,卒業研究」「アプリケーション活用,データ処理Ⅱ」「データ処理Ⅰ」「経営情報概論」「ITプランニング演習」「データベース作成」「問題発見技法」「意思決定科学」「データ分布と予測」)  教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)  2007/04-現在  各授業科目において,講義内容をpptで作成し、webで公開。
各授業の最後にはアンケートによる授業評価を行い、次年度以降改めるべきところを改めている。
 講義資料のWeb公開・講義内容のデジタル化 ◆専門科目(「アプリケーション活用」「データベース作成」「問題発見技法」「意思決定科学」「データ分布と予測」)  教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)  2006/04-2007/03  各授業科目において,講義内容をpptで作成し,webで公開
各授業の最後にはアンケートによる授業評価を行い、次年度以降改めるべきところを改めている。
 講義資料のWeb公開・講義内容のデジタル化 ◆専門科目(「ゼミナール」「アプリケーション活用」「データベース作成」「問題発見技法」「意思決定科学」「データ分布と予測」)  教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)  2005-現在  各授業科目において,講義内容をpptで作成し,webで公開
 講義資料のWeb公開・講義内容のデジタル化 ◆専門科目(「ゼミナール」「ソフトウェア演習」「問題発見技法」「ネットワーク演習」「意思決定論」「データ分布と予測」「データ処理」)◆オープンキャンパス 模擬授業◆文教大学公開講座 講義  教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)  2004-現在  各授業科目において,講義内容をpptで作成し,webで公開.
 講義資料のWeb公開・講義内容のデジタル化 ◆専門科目(「ゼミナール」「ソフトウェア演習」「ソフトウェア応用演習」「ネットワーク演習」「意思決定論」「データ分布と予測」)◆父母教一日大学 講義  教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)  2003-現在  各授業科目において,講義内容をpptで作成し,webで公開
詳細表示...

教科書・教材
 「はじめてのデータベース はじめてのAccess」創成社(再掲)  2013/10/20
 「えくせるであそぶ」創成社(再掲)  2005/06  Microsoft Excel の初心者から上級者までを対象とした,問題解決ツールとしてのExcelの利用・活用例を学ぶ
 「2003年度 国税専門官 公開模擬試験問題」,実務教育出版  2003  2003年度 国税専門官 専門試験「情報数学」「情報工学」の模擬試験問題,解答・解説の作成
 「公務員試験 受験ジャーナル」2003年11月号,実務教育出版  2003/11  国税専門官 専門試験「情報数学」「情報工学」の出題分析,出題内訳の執筆(p.42,43)
 「平成14年度 国税専門官採用試験 本試験問題例集」,実務教育出版  2002  平成14年度 国税専門官採用試験の専門試験「情報数学」「情報工学」の「解説」「問題研究」(p191-209)
詳細表示...

社会活動
 茅ヶ崎市 地域公共交通会議  2017/09-現在
 茅ヶ崎市 情報公開・個人情報保護審議会  2006/04/01-2008/03/31
詳細表示...

受賞
 日本選挙学会 2015年度 優秀論文  2016/05/14

所属学協会
 スケジューリング学会  2015/05/27-現在
 The Institute For Operations Research and The Management Sciences  2007-現在
 日本オペレーションズ・リサーチ学会創立50周年記念事業 SSOR  2007/01-2007/09
 日本選挙学会  2003/04-現在
 Mathematical Optimization Society  2001-現在
 日本オペレーションズ・リサーチ学会  1994/04-現在

委員歴
 日本オペレーションズ・リサーチ学会  研究普及委員  2000/04/01-2005/03/31
 第1回 情報学シンポジウム「グラフ論と最適化」  実行委員  2000/04-2000/08
 茅ヶ崎市情報公開・個人情報保護審議会  委員  2006/04/01-2008/03/31
 日本オペレーションズ・リサーチ学会  創立50周年記念事業 SSOR 実行委員  2007/01-2007/09
 日本オペレーションズ・リサーチ学会  春季研究発表会 実行委員  2008/09-2009/04