English
 文教大学
 健康栄養学部
 管理栄養学科

 講師
 渡邊 美樹
 ワタナベ ミキ
 WATANABE Miki

学歴
 共立女子大学  家政学部  食物学科管理栄養士専攻  1989  卒業
 共立女子大学  家政学研究科  食物学  博士前期  1998  修了

経歴
 東京女子医科大学病院  栄養部栄養2課  常勤栄養士  1989/04/01-1995/12/20
 東京女子医科大学附属青山病院  栄養管理室  非常勤栄養士  1998/04/01-1999/07/02
 文教大学  女子短期大学部健康栄養学科  講師  2000/04/01-2012/03/31
 心とからだライフサイクル研究所  2003/02/05-2006/06/30
 拠点大学方式による日韓水産学術交流協力研究者  2008/04-現在
 文教大学  健康栄養学部管理栄養学科  助教  2010/04/01-2014/03/31
 文教大学  健康栄養学部管理栄養学科  講師  2014/04/01-現在

学位
 修士(家政学)  共立女子大学

研究分野
 食生活学

研究キーワード
 摂食障害
 食習慣
 栄養教育
 栄養指導

研究テーマ
 女子スポーツ選手と摂食障害に関する研究  1996-現在
 献立作成上の季節感について  2000-現在
 摂食障害治療における栄養教育・栄養指導の位置づけ  2003-現在
 大学生の食習慣の実態とその学業成績への影響  2005-現在

共同・受託研究実績
 食生活と肥満に関する健康栄養学的研究  2000-2000  共同研究
詳細表示...

著書
 更年期女性に対する栄養教育 -摂食障害に焦点をあてて-(日本女性医学学会ニューズレターVol.22,No.1)  渡邊美樹  一般社団法人日本女性医学学会  2016/09  3
 栄養教育・指導実習  関口紀子(編著)、色川木綿子・宇和川小百合・塩入輝恵・七尾由美子・西山良子・森久栄・渡邊美樹・蕨迫栄美子  建帛社  2016/04/05  84-91
 栄養教育・栄養指導論 演習・実習  辻とみ子・堀田千津子・平光美津子(編)、天野信子・安藤明美・井上啓子・石見百江・鈴木富夫・中出美代・長屋紀美江・村井陽子・山内恵子・渡邊美樹  みらい  2015/04/10  158-166
 Nブックス「改訂 栄養指導論」  相川りゑ子(編著)、會田久仁子・今井久美子・岩瀬靖彦・上杉宰世・塚越恵久子・西道子・西山良子・森久栄・渡邊美樹  建帛社  2015/04/01  80-86,90-92,120-125
 三訂「栄養と健康」  (公社)日本フードスペシャリスト協会(編)、林淳三・倉沢新一・中島滋(責任編集)、渡邊美樹・大西淳之・中島滋・松田早苗・三宅紀子・田中弥生・高橋史江・福田ひとみ・倉沢新一  建帛社  2015/03/20  1-8
詳細表示...

論文
 女子大学生の身体及び栄養状況に関する調査(続報)  大森悦子、目加田優子、秋吉美穂子、渡邊美樹、奥畑理久、中島滋  日本未病システム学会誌  21/ 1, 152-155  2015
 女子大学生の身体及び栄養状況に関する調査  大森悦子、目加田優子、秋吉美穂子、渡邊美樹、奥畑理久、中島滋  日本未病システム学会誌  20/ 1, 58-61  2014
 健康的な食生活を提案するウェブサイトの構築-脂質異常症対応献立と健康・食生活チェック-  太田信宏、渡邊美樹、井上節子  文教大学湘南総合研究所紀要 湘南フォーラム   15  2011/02
 QOLに影響する食生活因子とその効果  井上節子、太田信宏、渡邊美樹、中島滋、長岡功  日本未病システム学会雑誌  16  2010/10
 野菜の価格形成要因について(第2報)生産地による影響  齋藤貴美子、渡邊美樹  文教大学女子短期大学部紀要  52, 33-43-  2009/03
詳細表示...

研究発表
 本邦女子大生における朝食欠食の有無と食物摂取状況の関係  研究発表  第62回日本栄養改善学会学術総会  2015/09/26
 当事者・親・兄弟・姉妹の会の活動から考える当事者支援  研究発表  第16回日本摂食障害学会学術総会  2012/10/06
 大学生の健康・栄養状態に関する調査研究(第1報)-第1回栄養食事調査経過報告-  研究発表  第59回日本栄養改善学会学術総会  2012/09/08
 ヒスチジン摂取量と食品嗜好性との関係  研究発表  第58回日本栄養改善学会学術総会  2011/09/13
 当事者・親・兄弟・姉妹の会における活動報告  研究発表  第14回日本摂食障害学会学術総会  2010/10/02
詳細表示...

教育活動
 授業評価の実施  教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)  2000/04-現在  学生による授業評価(5点法)について、「授業の進め方と教員の取り組み」「授業科目の内容」の項目において、どの科目もほぼ4点以上(平成20年度春学期は、3.7~4.6)であった。講義科目では、この2項目に比べて「授業の取り組み状況」の予習復習時間の点が低いため、実践や演習を取り入れ始めている。今後も効果判定しながら改善に努めたい。実習科目については、前記の2項目よりはやや低いものの、講義科目と比較すると高得点である。
 学生の理解度をみながら、授業形式・教材・評価方法を工夫・改善(実習科目)  教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)  2000/04-現在  シラバスは平成12年度から冊子に記載し、Webには平成14年度から公開し、講義計画と内容を明らかにした。さらにセメスターの初めに、授業予定表を配布することで、学生の学習計画(予習・復習など)を立てやすくした。実習科目であるが、講義・演習・実習の三形式を取り入れ、理論を実践を通してより理解できるように工夫した。授業用教材(スライド、配付資料など)は既存のものだけでなく自作し、学生の授業態度や提出物の状況により順次改訂をした。その結果、授業中に課題に取り組む時間が2~3倍取れるようになり、実習後に提出させるレポートの質も向上した。また、成績評価は学生の意欲・努力も反映されるよう、項目を多岐にわたって設定し、総合評価の形式をとるようにした。 
詳細表示...

教科書・教材
 「栄養指導論」「臨床栄養学各論」「臨床栄養学特論」「食生活論」など講義科目の教材  2000/04   テキストの他に、単元ごとにキーワードをまとめたプリントを配布した。授業内容を書き込めるように空欄を多めに設け、必要に応じてキーワードも空欄で隠すようにし、学習しやすいよう工夫した。また、「臨床栄養学特論」「食生活論」では毎回授業内容に即したテーマの小レポートを課し、授業後に提出させた。授業内容について整理することができる、と学生にも好評であった。必要と思われる資料についても、随時プリントを作成・配布した。各教材は、内容を見直し、毎年改訂している。
 「栄養指導論実習」教材(齋藤貴美子先生と共作)  2000/04  市販のテキストでは授業内容と完全に一致しないため、1セメスター分の内容・資料を盛り込んだ実習書(プリント集)を作成した。内容を見直し、毎年改訂している。
 「栄養学各論実習」教材  2000/04  テキストでは授業内容と完全に一致しないため、毎回補足資料および課題用プリントを作成・配布した。内容を見直し、毎年改訂している。
詳細表示...

社会活動
 茅ヶ崎市立汐見台小学校評議員  2017/04/13-現在
 講演「若い世代の食事情 ~求められる食育の視点~」  2016/03/14-2016/03/14
 講演「食べたいのに食べられない・痩せたいのに止まらない・・・それって?」~健康な食とストレス食いについて~  2007/05/19-2007/05/19
 湘南栄養指導センター  2006/04-現在
 講演「食事と健康」  2004/09/11-2004/09/11
詳細表示...

所属学協会
 日本病態栄養学会  2002/04-現在
 食行動異常研究会partⅡ  2001/01-現在
 日本栄養改善学会  2000/04-現在
 日本臨床栄養学会  2000/04-現在
 栄養心理カウンセリング研究会  2003/04-現在
 日本心身医学会  1996/07-現在
 日本学校保健学会  1996/07-現在
 食行動異常研究会  1989/04-2000/11/16