English
 文教大学
 人間科学部
 心理学科

 教授
 石原 俊一
 イシハラ シュンイチ
 ISHIHARA Shunichi

学歴
 同志社大学  文学部  文化学科心理学専攻  1982  卒業
 同志社大学  文学研究科  心理学  博士  1987  単位取得満期退学
 埼玉医科大学  リハビリテーション科  博士  2003/03/31  修了

経歴
 武田ヘルスネットセンター  専任カウンセラー  1991/04/01-1992/03/31
 京都中央看護専門学校(現在(専)京都中央看護保健大学校)  専任講師  1992/04/01-1995/03/31
 武田ヘルスネットセンター  専任カウンセラー  1995/04/01-1997/06/30
 医仁会武田総合病院  臨床運動心理科科  科長  1997/07/01-2003/03/31
 文教大学 (平成15年4月-平成19年3月)  人間科学部人間科学科  助教授  2003/04/01-2007/03/31
 文教大学  人間科学研究科人間科学専攻  助教授  2004/04/01-2007/03/31
 文教大学  人間科学研究科人間科学専攻  専攻長  2006/04/01-2010/03/31
 文教大学  人間科学部人間科学科  教授  2007/04/01-2008/03/31
 文教大学  人間科学部心理学科  教授  2008/04/01-現在
 学校法人文教大学学園  常勤理事  2009/04/01-現在
 文教大学  人間科学部心理学科  学科長  2011/04/01-2013/03/31

学位
 文学修士  同志社大学  1984/03/20
 博士(医学)  埼玉医科大学  2003/03/28

研究分野
 応用健康科学
 臨床心理学
 実験心理学
 免疫学

研究キーワード
 虚血性心疾患
 心臓リハビリテーション
 怒り表出性
 自律神経系
 内分泌系反応
 精神神経免疫学
 タイプDパーソナリティ

研究テーマ
 心臓リハビリテーション患者の免疫機能に及ぼす心理学的要因と運動効果  1999-2010
 糖尿病患者における心理的特徴と行動変容について
 心疾患患者における運動およびパーソナリティ要因が及ぼす自律神経系反応

共同・受託研究実績
 心臓リハビリテーションにおける太極拳プログラムの導入  2005-現在
 心疾患患者における長期運動効果が及ぼす免疫反応  2003-現在
 心臓リハビリテーションにおける行動科学的アプローチ  2000-2002
 冠動脈性心疾患患者におけるNK細胞活性と怒り表出性の関連性  1999-2003
 心臓リハビリ患者の免疫機能に及ぼす運動効果  1999-2000
詳細表示...

著書
 保健と健康の心理学標準テキスト第4巻 臨床健康心理学  島井哲志(監修)羽鳥健司(編著)  2017/10/01  Pp51-71
 ナースの悩みに応えます! (患者・家族編): 心理学的手法で対応した看護事例集  大木桃代・小林康司(編)  真興交易医書出版部  2017/08/25  Pp65-95,173-201
 心臓リハビリテーションポケットマニュアル  伊東春樹(監修)ジャパンハートクラブ(編集代表 安達仁、大宮一人)編集  医歯薬出版  2016/07/20  p60-68  978-4-21735-1
 慢性心不全のあたらしいケアと管理-チーム医療・地域連携・在宅管理・終末期ケアの実践-  百村伸一・鈴木誠(編)  南江堂  2015/10/27
 改訂第2版心臓リハビリテーション実践マニュアル評価・処方・患者指導  長山雅俊(責任編集)  中山出版  2015/08/10  p377-386
詳細表示...

論文
 コールドプレッサー事態における笑い映像の生理心理学的効果  石原俊一  人間科学研究  37, 51-68  2016/03/15
 心疾患患者における抑うつに対する心理的介入  石原俊一  心臓リハビリテーション  21/ 1/2/3, 21-25  2016/02/15
 Does training sitting balance on a platform tilted 10° to the weak side improve trunk control in the acute phase after stroke? A randomized, controlled trial.  Fujino Y, Amimoto K, Fukata K, Ishihara S, Makita S, Takahashi H.  Topics in Stroke Rehabilitation  1945511915Y0000000010.  2015/08/06
 心疾患患者におけるタイプDパーソナリティ尺度の開発  石原 俊一・内堀 知美・今井 有里紗・牧田 茂  健康心理学研究  27, 177-184  2015/02/19
 心理学専門教育の評価における心理学検定試験の有用性 : 地方小規模心理学系単科大学での調査  田積 徹・石原俊一・嶋原栄子・谷口麻起子・新美秀和・
炭谷将史・李艶・高橋宗・高橋啓子  人間科学研究  35, 91-102  2014/03
詳細表示...

研究発表
 コールドプレッサー事態における笑い映像の生理心理学的効果  研究発表  日本心理学会79回大会  2015/09/22
 受動的対処事態におけるタイプDパーソナリティの心臓血管系反応に対する影響Ⅱ  研究発表  日本健康心理学会第28回大会  2015/09/06
 心疾患患者における日本語版DS14の信頼性・妥当性の検討Ⅲ  研究発表  日本健康心理学会第27回大会  2014/11/01
 心疾患発症におけるタイプDパーソナリティの関連性について(第3報)  研究発表  第21回 心臓リハビリテーション学会  2015/07/18
 心疾患患者における抑うつに対する心理的介入とその効果  シンポジウム  第21回 心臓リハビリテーション学会  2015/07/18
詳細表示...

教育活動
 「生理心理学」(選択必修)における講義形式の改善         教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)  2006/09-2007/12  「生理心理学」ではこれまで、生理学的測定に関して、パソコンによるスライド写真で測定場面を提示していたが、コンパクトな医用電子機器の導入により、同意が得られた学生に測定器具を装着して、具体的な測定場面をライブで提示した。またその測定データはオンラインで大画面によりモニターし、学生に逐一観察させた。その結果、大教室での講義において学生達の興味と理解が向上した。
平成18年9月~12月
平成19年9月~12月 
 「生理心理学」(選択必修)における講義形式の改善                                   教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)  2004/09-2006/12  「生理心理学」ではこれまで、生理学的測定に関して、パソコンによるスライド写真で測定場面を提示していたが、コンパクトな医用電子機器の導入により、同意が得られた学生に測定器具を装着して、具体的な測定場面をライブで提示した。またその測定データはオンラインで大画面によりモニターし、学生に逐一観察させた。その結果、大教室での講義において学生達の興味と理解が向上した。
詳細表示...

社会活動
 草加市情報公開・個人情報保護審議会  2005/04-現在  -
詳細表示...

所属学協会
 日本運動免疫研究会
 日本臨床運動療法研究会
 日本病院学会
 日本心理学会
 日本臨床生理学会
 日本心理臨床学会
 日本ウエルネス学会
 日本パーソナリティ心理学会
 日本糖尿病学会
 日本体力医学会
 日本心臓リハビリテーション学会
 日本感情心理学会
 日本循環器学会
 日本健康心理学会
 日本心理学会