English
 文教大学
 教育学部
 学校教育課程

 教授
 八藤後 忠夫
 ヤトウゴ タダオ
 YATOUGO Tadao
 
1952年生まれ 
Tel.048-974-8811(272) 
Fax.048-974-8960 

学歴
 東京学芸大学  教育学部  保健体育学  1977  卒業
 東京大学  医学系研究科  保健学(保健社会学)  博士  1996  単位取得満期退学

学位
 保健学修士  東京大学

研究分野
 疫学・予防医学
 特別支援教育
 家政・生活学一般

研究キーワード
 保健(健康)科学 
 障害児教育の社会疫学
 生活科学

著書
 『生き方としての健康科学』第四版第1刷  山崎喜比古・朝倉隆司(編),坂野純,片山千栄,八藤後忠夫,高山智子,呉鶴,山岸映子、中川薫,一戸真子子  有信堂  2007/03/12  42-53,125-129
 『保健・医療・看護調査ハンドブック』7刷  朝倉隆司,河口てる子,川田智恵子,古谷野亘,坂野純,佐久間充,沢崎康,杉澤あつ子,杉田聡,杉山克己,園田恭一,中川薫,中山和弘,西田真寿美,長谷川万希子,三田優子,八藤後忠夫,山崎喜比古,吉田亨  東京大学出版会  2006/04/01  99
 『生き方としての健康科学』第四版第1刷  山崎喜比古,朝倉隆司(以上編著):坂野純子,片山千栄,八藤後忠夫,高山智子,呉鶴,山岸映子,中川薫,一戸真子  有信堂  2006/03/31  42-53,126-127
 『生き方としての健康科学』第三版1刷  山崎喜比古,朝倉隆司(以上編著),坂野純子,片山千栄,八藤後忠夫,佐々木智子,呉鶴,山岸映子,中川薫,一戸真子  有信堂  2003/04/10  42-53,125-127
 民俗芸能で広がる子どもの世界  菴谷利夫,星野紘,峰岸創,芳賀日出男,斉藤英之,佐島群巳,伊野義博,松本進,大熊信彦,福士幸雄,三宅武夫,佐賀明子,小林豊,星野敬太郎,近辻雅義,植松美壽恵,八藤後忠夫,及能敬之,中西英夫,杉野功,掛橋勝裕,永松敦,早川和夫,杉本孝司,宮田繁幸  社団法人:全日本郷土芸能協会  2003/03/31  116-119
詳細表示...

論文
 木材およびプラスチック,金属を外装に用いた携帯型支援用具に対して自閉症児のある子を持つ母親が抱く印象と嗜好性  杉山真樹(筆頭),片岡 厚,松永正弘,八藤後忠夫,松井宏昭  木材学会誌第63巻第1号PP.21-33  63/ 1, 21-33  2017/03
 保護者アンケート調査 - 埼玉県知的障害特別支援学校の事例 -  八藤後忠夫(筆頭),黒田 際,上野あゆみ  平成23年度厚生労働省障害総合福祉推進事業報告書,発達障害のある人の障害者自立支援法のサービス利用に関する調査  107-132  2012/03/31
 知的障害・特別支援学校児童・生徒に関わる福祉用具の利用実態とその背景
- 教員を対象とした調査から -  八藤後忠夫(筆頭),内藤久美子  平成22年度厚生労働省障害者総合福祉推進事業報告書,知的障害及び発達障害のある人のための福祉用具の制度の在り方に関する調査研究  132-154  2011/03/31
 障碍学生の学生支援に関わる学内の環境整備について -文教大学越谷校舎の場合 -  武田和恵(筆頭),米津光治,八藤後忠夫,谷口 清  文教大学教育研究所紀要  第20号, 81-90  2011/03/31
 知的障害特別支援学校児童・生徒における生活支援機器利用実態とその背景  永倉 充(筆頭),八藤後忠夫  平成21年度厚生労働省障害福祉推進事業報告書,知的障害及び発達障害者のための福祉用具の開発及び活用に関する調査研究  42-58  2010/03/31
詳細表示...

研究発表
 特別支援学校免許に向けての私立大学の取り組み  研究発表  第26回日本教育大学協会/全国特殊教育研究部門/合同研究集会,熊本大学附属養護学校  2007/11
 発達障害の児童生徒が在籍する学級における学級経営の工夫  研究発表  日本特殊教育学会第45回大会/神戸ポートアイランド・兵庫教育大学  2007/09
 障害のある子を産み・育てることに対するイメージの生成  研究発表  日本ウエルネス学会・第4回大会/石川・石川県こまつ芸術劇場  2007/09/24
 虚弱高齢者に対する筋力トレーニング後の体力と健康感の変化  研究発表  日本ウエルネス学会・第4回大会/石川・石川県こまつ芸術劇場  2007/09/24
 文教大学/越谷キャンパス・教養講座・春期/講義;100歳時代の健康を考える・『健康不安の構造と死生観』  その他  主催/文教大学生涯学習センター,会場/文教大学越谷校舎  2007/08
詳細表示...

教育活動
 「障害児教育社会学」「精神保健」「小児保健Ⅰ」「精神医学Ⅰ(人間科学部/教育学部)」の4科目に関する導入部分講義内容の変更  教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)  2005/04-現在  これまでの簡単なオリエンテーションに代えて,これら4科目に共通する「基礎知識」と本講義の基本軸を明確に伝えるため,「生命・社会・文化」というタイトルで理系文系を統合する「文化生態学」的視点に関する講義をスライド(パワーポイント)で行った.特に高校で生物を履修していない学生に対する配慮である.これを最初の1-3回に充てた。
 『生き方としての健康科学』(著書の項から再掲)       教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)  2003/04-現在  医療・看護・福祉を概観した内容で、担当する全科目と演習のための基礎づくりのサブテキストとして使用した
詳細表示...

教科書・教材
 「障害児教育社会学」「精神保健」「小児保健I」「精神医学I(人間科学部)」の4科目に関する導入部分講義内容の変更      2005/04  これまでの簡単なオリエンテーションに代えて,これら4科目に共通する「基礎知識」と本講義の基本軸を明確に伝えるため,「生命・社会・文化」というタイトルで理系文系を統合する「文化生態学」的視点に関する講義をスライド(パワーポイント)で行った。特に高校で生物を履修していない学生に対する配慮である。これを最初の1-3回に充てた。
詳細表示...

社会活動
 埼玉県立浦和特別支援学校懇話会評議員,埼玉県越谷市健康づくり推進審議会副会長  2007/04-現在
 埼玉高等学校教職員組合「定時制の生徒指導を考える会」  2005/09-現在
 ウッド・アクセシブル・デザイン研究会  2005/06-現在  副代表/代表:(独)森林総合研究所室長・特定非営利活動法人「自閉症サポートセンター」理事長:松井宏明,他の副代表/(国)東京大学大学院農学生命科学研究科教授:小野拡邦,事務局長/生活工房・補助具・福祉機器研究所:増澤高志
詳細表示...

所属学協会
 日本健康学会(旧名:日本民族衛生学会)
 日本特殊教育学会