English
 文教大学
 情報学部
 メディア表現学科

 准教授
 酒井 信
 サカイ マコト
 SAKAI Makoto
 
1977年生まれ 
Tel.0467-53-2111 
Fax.0467-54-3721 
 
個人ウェブサイトはこちら

学歴
 早稲田大学  人間科学部  2000/03  卒業
 慶應義塾大学  政策・メディア研究科  修士  2002/03  修了
 慶應義塾大学  政策・メディア研究科  博士後期  2005/03  単位取得満期退学
 慶應義塾大学  政策・メディア研究科  博士後期  2009/02  修了

経歴
 慶應義塾大学助手(グローバルセキュリティ研究所)  2006/04/01-2007/03/31
 慶應義塾大学助教(グローバルセキュリテイ研究所)  2007/04/01-2009/03/31
 慶應義塾大学環境情報学部 兼担教員  2007/04/01-2009/03/31
 秀明大学英語情報マネジメント学部・総合経営学部 非常勤講師  2008/04/01-2010/03/31
 慶應義塾大学 文理融合型「論理学とオントロジー」オープンリサーチセンター 地理オントロジーグループ 兼担研究員  2008/04/01-2010/03/31
 慶應義塾大学環境情報学部 非常勤講師  2009/04/01-2010/03/31
 慶應義塾大学グローバルセキュリティ研究所 訪問研究員  2009/04/01-2012/03/31
 神田外語学院英語専攻科 非常勤講師  2009/07/01-2010/03/31
 (社)日本経済研究センター 「政策提言プロジェクト:政府研究部門(情報開示政策)」副主査  2009/08/01-2010/03/31
 慶應義塾大学SFC研究所委託研究 国家基幹技術「データ統合・解析システム」プロジェクト 兼担研究員  2009/09/01-2010/02/28
 文教大学情報学部広報学科専任講師  2010/04/01-2014/03/31
 文教大学情報学部メディア表現学科准教授  2014/04/01-現在

学位
 博士(政策・メディア)  慶應義塾大学  2009/02
 修士(政策・メディア)  慶應義塾大学  2002/03
 学士(人間科学)  早稲田大学  2000/03

研究分野
 ウェブ情報学・サービス情報学
 文化財科学・博物館学
 思想史
 文学一般
 史学一般
 社会学

研究キーワード
 社会思想
 文芸批評
 メディア論
 情報社会論
 比較文化論
 近現代史

研究テーマ
 平成期の価値観と社会事象に関する研究  現代思想、近代文学、政治学などの知見を基にして、平成期の価値観と社会事象について研究を行う。平成という時代の始まりは、世界史的には東西の冷戦構造の崩壊、グローバリゼーションの進行、IT革命の萌芽とほぼ同時期であり、日本国内においてはバブル経済の崩壊、護送船団方式など旧来のジャパニーズ・スタンダードへの懐疑が持たれた時期と重なる。このような時代の変化の中で、どのような条件の下で価値観が変化し、どのような社会事象が生じてきたのか、上述の知見を基にして学際的な研究を行っていく。  2010/04-2015/03

共同・受託研究実績
 共同通信社と慶應義塾大学グローバルセキュリティ研究所との共同研究 「オントロジーに基づくニュース編集ツールの開発」 分担研究者(研究代表者:福井弘道)  2006-2008  共同研究
詳細表示...

競争的資金等の研究課題
 東日本大震災及び福島第一原発事故に関する英字メディアの通時的な文脈の比較研究  科学研究費  2012-2013  若手研究(B)
詳細表示...

著書
 『IT時代の震災と核被害 【第二部】ツールあるいはメディアとしてのIT 分冊2 』(電子書籍)  荻上チキ/西條剛央/三上洋/円堂都司昭/広瀬弘忠/村上圭子/飯田豊  インプレスジャパン(電子書籍)  2012/03/09
 IT時代の震災と核被害  東浩紀、飯田哲也、飯田豊、池田清彦、円堂都司昭、荻上チキ、加藤典洋、萱野稔人、西條剛央、神保哲生、武田徹、津田大介、広瀬弘忠、三上洋、宮台真司、村上圭子  インプレスジャパン  2011/12/12  P184-209  978-4-8443-3114-8
 Interdisciplinary Ontology Vol.3, Ontology Study for Analysis and Anatomy of English language News Relating to Human Security  Makoto Sakai, Hiromichi Fukui, Editors: Barry Smith, Riichiro Mizoguchi, Sumio Nakagawa  Keio University Press  2010/02/27  145-154  978-4-904239-03-2
 『最後の国民作家 宮崎駿』  文芸春秋  2008/10/20  1-184  978-4-16-660661-0  URL
 Interdisciplinary Ontology, Possibility and Practicality of "Rhizome Type Ontology"  Makoto Sakai, Hiromichi Fukui, Editors: Mitsuhiro Okada, Barry Smith  Keio University Press  2008/02/26  121-126  978-4-904239-00-1
詳細表示...

論文
 吉田修一論──現代文学の風土(後篇)  文藝春秋、「文學界」  71/ 5, 184-268  2017/04/07  URL
 書評/この本と出会った 『風土 人間学的考察』和辻哲郎著  産経新聞朝刊  10-  2017/04/02  URL
 吉田修一論──現代文学の風土(前篇)  文藝春秋、「文學界」  71/ 4, 172-232  2017/03/07  URL
 米大統領選挙 ツイッター上の「人格非難」合戦  新潮社、「新潮45」  35/ 11, 108-116  2016/10/18  URL
 Analysis of Comparative English Media Reports that Related to the Aftermath of the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant Disaster  Sociology and Anthropology  3/ 9, 434-439  2015/10/30  URL
詳細表示...

研究発表
 Media Report Analysis of Political Issues Concerning Industrial Revolution Heritage Sites in Japan  研究発表  Communication & Media Studies Conference, University Center Chicago, Chicago  2016/09/15
 The Influence of Japanese Animator Hayao Miyazaki on Japanese Subculture in the Last Thirty Years.  研究発表  Theorising the Popular 2016, Liverpool Hope University  2016/06/29
 産業遺産の国際比較ー明治日本の産業革命遺産を事例として  講演  寒川町民センター、寒川町町民講座  2016/02/13
 A comparative analysis of historical issues on the industrial revolution heritages.  研究発表  International Conference for Academic Disciplines : the International Journal of Arts & Sciences at the University of London  2015/11/06
 Responsibility of media studies for information governance in relation to nuclear power technology  研究発表  Media Trends 2015: Power and Media: Ownership, Sponsorship, Censorship/Webster University, Vienna, Austria  2015/09/10
詳細表示...

教育活動
 ベトナム語への論文翻訳の許諾  教育活動上特記すべき事項  2015/10/01-現在  the Journal of Academy of Journalism and Communication (ajc.edu.vn)のジャーナルに、Social Problems Caused by Undercover Marketing and Social Media Traces in Japan (Makoto Sakai 2013)の翻訳の掲載を許諾した。翻訳はLe Thu Mach (Lecturer of Media at Academy of Journalism and Communication)が担当。
 中国の日本語学習教材への文章提供  教育活動上特記すべき事項  2014/11/06-現在  『大家的日語 中級2』(外語共学与研究出版社、2014年)のP27-28に、『最後の国民作家 宮崎駿』の文章を提供し、問題文に適した編集を許諾した。
 日本語学習教材への文章提供  教育活動上特記すべき事項  2012/04/11-現在  『みんなの日本語 中級Ⅱ本冊』(スリーエーネットワーク、2012年)のP27-28に、『最後の国民作家 宮崎駿』の文章を提供し、問題文に適した編集を許諾した。
 図書館の資料・ウェブサービスの活用方法の指導  教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)  2010/04/01-現在  一年生向けの授業で論文を書くための図書館の利用方法や、文献や新聞・雑誌・ジャーナルの検索・購読サービスの活用方法を指導。
 大学編入課程講座における文章指導と添削  教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)  2009/07/01-2010/03/30  大学編入学を希望している学生を対象にした「日本語小論文対策」「学習戦略講座」「日本語面接対策講座」の教材を作成し、編入学試験において必要とされる教養や文章作成法、面接対策を講じた。
詳細表示...

社会活動
 毎日新聞夕刊インタビュー記事:日米首脳会談 蜜月どう見る?  2017/02/13-現在  毎日新聞夕刊に掲載
 毎日新聞夕刊インタビュー記事:「民衆の武器」か「為政者(トランプ)の大砲」か  2017/01/31-現在  毎日新聞夕刊・特集ワイド欄に掲載
 東洋経済ONLINE:ゼミ学生のインターン活動の紹介  2016/11/18-現在  ゼミ学生の「湘南モノレール地域アンバサダー」としての活動が、東洋経済ONLINEの記事「元商社マンが挑む「湘南モノレール活性化」」で紹介される
 ゼミ学生が制作に参加したTV番組の放送  2015/11/28-現在  TSCテレビせとうち制作、ベネッセ提供の「しまじろうのわお!」(テレビ東京系で放送)で、文教大学湘南キャンパスで撮影を行ったうたのコーナー「じかんのうた」が放送される
 ゼミの学生が制作に関わった教育番組の映像がアプリとしてAppleストア等で販売される  2015/09/28-現在  ゼミの学生が、AD(アシスタント・ディレクター)体験を行ったテレビ東京系の番組「しまじろうのわお!」の映像が、アプリ「りったいいきもの図鑑」に使用される
詳細表示...

所属学協会
 (社)環境情報科学センター  2007/07/01-現在
 日本マス・コミュニケーション学会  2009/04/01-現在
 Japan Associaton for Human Security Studies  2016/01/01-現在
 International Association for Media and Communication Research  2016/01/01-現在
 International Communication Association  2017/01/01-現在

委員歴
 社団法人環境情報科学センター  情報委員会委員  2007/07-2009/06
 社団法人環境情報科学センター   「環境情報科学」編集委員会委員  2011/07-2013/06
 Japanese Studies Journal Silva Iaponicarum (Poland), A member of Board of Reviewers  2013/04-現在
 社団法人環境情報科学センター   「環境情報科学」編集委員会委員  2013/07-2015/06