English
 文教大学
 健康栄養学部
 管理栄養学科

 准教授
 藤見 峰彦
 フジミ タカヒコ
 FUJIMI Takahiko

学位
 博士(理学)  上智大学  2003/03

研究分野
 生物分子化学
 分子生物学
 細胞生物学

競争的資金等の研究課題
 二分脊椎症の発症機序における葉酸代謝経路とZic遺伝子の関係  科学研究費  2008-2009  若手研究(B)
 蛇毒遺伝子における発現調節機構の進化  科学研究費  2000-2001  若手研究(B)
詳細表示...

著書
 Visual栄養学テキスト 人体の構造と機能及び疾病の成り立ちⅡ 生化学  中山書店  2016/11/10  p.10-21  978-4-521-74285-4
詳細表示...

論文
 Proline Decreases the Suppressive Effect of Histidine on Food Intake and Fat Accumulation  Riku ASAHI, Kaoru TANAKA, Takahiko J. FUJIMI, Nobuyuki KANZAWA, Shigeru NAKAJIMA  Journal of Nutritional Science and Vitaminology  62/ (4), 277-280  2016  10.3177/jnsv.62.277
 The coordinated action of lecithin:retinol acyltransferase and cellular
retinol-binding proteins for regulation of vitamin A esterification  Yoshihiro Mezaki, Takahiko J. Fujimi, Haruki Senoo, Tomokazu Matsuura  Medical Hypotheses  88, 60-62  2016/01/28
 Correlations between histidine or proline intake and EPA or DHA intake  Shigeru Nakajima,Riku Okuhata,Etsuko Omori,Kaoru Tanaka,Takahiko J Fujimi,Takahide Tsuchiya  The Journal of Japan Mibyou System Association  19/ 3, 1-8  2013
 Development of a,b-plane-oriented hydroxyapatite ceramics as models for living bones and their cell adhesion behavior.  Zhuang Z, Fujimi TJ, Nakamura M, Konishi T, Yoshimura H, Aizawa M.  Acta biomaterialia  9, 6732-6740-  2013/02/09  10.1016/j.bbr.2011.03.031.
 Xenopus Zic3 controls notochord and organizer development through suppression of the Wnt/beta-catenin signaling pathway  Fujimi, T.J., Hatayama, M. and Aruga, J.  Developmental Biology  361/ 2, 220-231-  2012/01/15
詳細表示...

研究発表
 ラジアルフロー型バイオリアクターを利用したヒト蛋白質性バイオ医薬品生産系確立の基礎研究から明らかになった肝細胞機能発現におけるアミノ酸代謝の重要性  シンポジウム  文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成事業
「生命機能マテリアルによる次世代再生医療技術の構築および垂直統合型研究拠点形成」
「公開シンポジウム」
-2015年度:第6回「次世代バイオマテリアル」を考える会-  2016/03/04
 アパタイトファイバースキャフォルドを用いた長期三次元循環培養による再生肝オルガノイドの構築とその機能  研究発表  第22回無機リン化学討論会  2012
 Reconstruction of liver organoid using an apatite-fiber scaffold and its ammonia metabolism ability  研究発表  9th World Biomaterials Congress  2012/06/02
 食事と肥満予防を生物分子科学的に考える(研究者の思考と視点)  講演  第4回次世代バイオマテリアルを考える会  2012/02/25
 アパタイトファイバースキャホルドとラジアルフロー型バイオリアクターを用いて構築した再生肝オルガノイドのアンモニア代謝能  研究発表  第33回日本バイオマテリアル学会大会  2011/11/22
詳細表示...

所属学協会
 アメリカ細胞生物学会
 日本発生生物学会
 日本分子生物学会
 日本生化学会